6/27,28 LIVE EVENT “Styles ~2nd Anniversary~ “DAY.2

(2020.03.18)

Styles ~2nd Anniversary~
日本橋CITANで不定期開催されている”Styles”。6月で早くも2周年を迎えます。
これまで、Kan Sano、TENDRE、LUCKY TAPES、YonYon、Nao Kawamura、ISOZAKI TAICHI、
竹内アンナ、SHE IS SUMMERにご出演頂きました。
今回は2周年を記念し、素晴らしいミュージシャンとDJと共に、
二日間に渡り”Styles”をお届けします。
日程:6.27(土)/ 6.28(日)
時間:17:30 OPEN / 18:00 START
チケット:前売り 3600円 / 当日 4100円
前売り券はPeatix Ticket より
※3.20 12時よりチケット発売
※2日通しの前売り券は販売予定しておりません。
両日ご希望の方は必ずそれぞれのチケットのご購入お願い致します。
※先着受付、先着入場となります。
出演者:
6.27(土) Live: Sauce81 / 竹内アンナ / Michael Kaneko DJ:Kenichiro Nishihara
6.28 (日) Live:おかもとえみ / kojikoji / DJ:Shin Sakiura / tajima hal

DAY.2の出演者情報は以下・・・・・

1990年(平成2年)生まれ、東京都板橋区出身、身長153cm。
不可思議正統派シンガーソングライター。ゾンビ好きの元ギャル。
ソロシンガーとして活動する傍ら、フレンズのメインボーカルを務める。日本大学芸術学部卒業。
10代の頃から音楽活動を始め、THEラブ人間のベーシスト、ボタン工場のボーカルを務める。
2014年からソロ活動を本格的にはじめ、自主制作EPを発売後、翌年2015年にミニアルバム「ストライク!」をリリース。
その後デジタルシングル「POOL」をリリース。ソロ活動と並行し、神泉系バンド、フレンズを結成し活動が盛んになる。
また、ボーカリストとして、作家としても、さかいゆう、Sexy Zone、M!LK、吉田凜音から、
FRONTIER BACKYARD、illmore、PARKGOLF、TSUBAME等、
ポップスからヒップホップ~クラブ系のアーティストの作品に参加し、ジャンルを超え活動の場を広げている。2019年10月に待望のソロ1stアルバムを発売する。
大学から始めたアコースティックギターに夢中になり、instagramでカバー動画を投稿するようになり、
約一年半でフォロワー4万人を突破。2018年12月にBASI feat.唾奇の「愛のままに」のカバー動画を投稿したのをきっかけに、
HIP HOPをアコースティックギターでカバーすることが注目され、
2019年2月にYoutubeに投稿した「愛のままに」のカバー動画は現在100万回再生(2019年11月現在)を突破している。
ライブ活動も精力的に行い、BASIや空音などの作品に参加。
またBASIのリリースツアーにもコーラス/ギターで参加。オリジナル作品を鋭意制作中。
東京を拠点に活動するプロデューサー/ギタリスト。
バンド活動を経た後、2015年より個人名義でオリジナル楽曲の制作を開始。
2017年10月に80KIDZ、TAAR等を擁するレーベルPARKより1stアルバム『Mirror』(2017年10月)、
2ndアルバム『Dream』(2019年1月)、2枚のフル・アルバムをリリースした。
エモーショナルなギターを基としながらも、
HIP HOPやR&Bからインスパイアされたバウンシーなビートとソウル~ファンクを感じさせる
ムーディーなシンセ・サウンドが心地よく調和されたサウンドで注目を集め、
SIRUPのライブをギタリスト/マニュピレーターとしてサポートし、SIRUPや向井太一、
s**t kingz、showmore、Rude-α、miwaの楽曲にプロデュース/ギターアレンジで参加するなど活躍の場を広げ、
アパレルブランドや企業のPV、CMへの楽曲提供も行っている。
ベイサイド横浜を拠点に東京都内、神奈川で活動するビートメイカー。
LAやヨーロッパのビートミュージックに影響を受け、2011年よりInstrumentalに重きを置いた楽曲制作を始める。
Soundcloudなどネット上に公開した音源がじわじわと人気を集め、Urban Waves Recordsより2作品をリリース。
2017年にはヨーロッパツアー、マカオでのライブを行い、国内のみならず世界各国でそのビートを鳴らしてきた。
ビートミュージックに焦点を当てたレーベルHermit City Recordingsを主宰し、国内ビートメイカー総勢18名によるコンピレーション「Beats In Cycle」が話題を呼んだ。
ゆるく暖かみのあるサウンドながらもHiphopを感じさせるキレのあるノリに中毒者続出。
ワールドワイドにゆったり活動している。