Co-Management Team

独自の組織体系

Backpackers’ Japanでは、会社主導で経営を行うのではなく、各店舗の中でスタッフ自らが店舗の経営および運営を行なっています。

これを実現するため、働くスタッフたちには、キャリアや年齢、役割に関係なくひとりひとりに意思決定権が委ねられます。個々人が自主自立の精神を育み、スタッフ間で高め合い学び合う状態を推奨し、すべてのスタッフが店舗の経営に参画できる仕組みをCo-Managementと呼んでいます。

– POINT –

  • 意思決定

    トップダウンで物事が決まる中央集権型の意思決定ではなく、一人一人のスタッフが意思決定権を持ちます。 新しいプロジェクトの企画提案や、日々の業務改善策の提案など、自身で提案から実行、振り返りまでの責任を持って進めていきます。新たな発想を歓迎し、スピーディーで柔軟な組織体制を目指しています。

  • 管理職の不在

    店舗には支配人やマネージャーといった「管理職」がいません。それぞれに役割を持ったスタッフと、それをサポートするCoach(コーチ)でチームを運営していきます。

  • トータル・レスポンシビリティ

    所属セクションや役割を越えて、すべてのスタッフが店舗で発生することに自主的に関わっていきます。

TEAM SYSTEM

店舗チーム構成と役割

ホステル、キッチン、カフェ、バー、4つのセクションにより店舗のチームが構成されます。スタッフが様々な課題にぶつかった時に適切な助言をするCoachが店舗に1〜2名存在します。1つのセクションに所属しているスタッフもいれば、複数のセクションを横断しているスタッフもいて働き方は様々です。

EMPLOYMENT SYSTEM

雇用形態

入社時にHourly(Part-Time/ パートタイム)もしくは、Hourly(Full-Time/ フルタイム)のどちらかを選びます。Hourly(Full-Time)のスタッフは働き始めてから2年経った時点で、そのままHourly(Full-Time)を続けるのかMonthlyになるのかを選ぶことができます。Hourlyは時給制、Monthlyは月給制と給与形態が異なりますが、社内制度や福利厚生は全て同様に適応されます。

SALARY & ALLOWANCE GUIDELINES

給与評価制度と給与委員会

給与決定と評価をするプロセスにおいても店舗スタッフの全員が参画する機会を持っています。

給与委員会

店舗スタッフとCoach、そしてSupport Centerで半年に一度構成される給与委員会において、店舗毎の給与ステージ及び給与額が決定されます。

※Support Centerとは店舗をサポートする制度設計や経理総務などの機能を持つチームです。

店舗全体の人件費はあらかじめ決められていますが、給与ステージの金額や人数分配は自由に設定が可能です。

評価と給与の決定

仕事の成熟度合いを自己評価する「キャリアステージ」と、店舗のスタッフ全員でお互いの貢献度を評価する「貢献度ステージ」を掛け合わせた点数の順位によって、給与ステージが決まります。

*貢献度評価は以下の2つの質問の回答を集計して平均点を算出します。
質問①「自分と比べてビジター・ゲストに貢献していると思うか」(1〜5点)
質問②「自分と比べて店舗に貢献していると思うか」(1〜5点)