JAPANESE ENGLISH

Guesthouse, Cafe, Bar, Dining in Kyoto.

Guesthouse and Bar in Kyoto.

6月29日のライブのお知らせ【Big Bend Live at Len】

こんにちは!6月29日(土)に行われるライブイベントのお知らせです。

今回のアーティストはニューヨークから!さらにゲストに京都発として大注目のSawa Angstromも出演します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 Big Bend Japan Tour 2019 Live at Len 】
[日時] 2019年6月29日(土)  19:30から
当日のカフェ・バーは通常営業をしております。
[場所] Len Kyoto Kawaramachi(京都府京都市下京区植松町709-3)
[料金] 入場無料でどなたでもお楽しみいただけます。
[出演]Bing Bend (New York), Sawa Angstrom(Kyoto)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Big Bend

Official website: https://bigbendmusic.net/
Facebook: https://www.facebook.com/bigbendmusic
Instagram: https://www.instagram.com/bigbendmusic/
Bandcamp: https://bigbend.bandcamp.com/
Soundcloud: https://soundcloud.com/bigbendmusic

Big Bend’s primary songwriter is Nathan Phillips, an Ohio native. His mother–daughter of a 12-tone composer–wrote music and sang in operas and musicals in Mansfield, where Phillips grew up playing piano. Her voice is featured on Radish, Big Bend’s second release and first non-instrumental recording. In addition to his solo keyboard and vocal work, Phillips has supported bands like Julianna Barwick, Qasim Naqvi, and, as a member of Youngstown’s The Building, The War On Drugs.

Press:
“One of the greatest (mostly) overlooked songwriters working in America today.”
— Douglas Mcgowan (Numero Group)

“Tectonic powers align on new album from Big Bend…like a humming under Mendocino”
— Tiny Mix Tapes

“Stunning collaboration, where piano and gossamer strings intertwine and unspool”
— Resident Advisor

Sawa Angstrom(サワ・オングストローム)

https://www.facebook.com/sawa3jp/

浜田淳、吉岡哲志、児玉真吏奈の三人により京都で結成されたエレクトロニック・ミュージック・ユニット。声とシンセとサンプラーを用いてユースホステルやアートギャラリーやビアバーなどのユニークな場所でライブを行っている。彼らのミニマルで即興性の高い演奏やメランコリックな歌はデザイナー、映像作家、空間芸術家などのアーティスティックな人々からの評価も高い。2018年にEU4ヶ国(フランス、ベルギー、ドイツ、デンマーク)と台湾での海外ツアーを敢行。その高い音楽性とパフォーマンスは現地のオーディエンスからも大きな喝采と熱狂的な支持を得た。そのツアー限定のEP「DdTPt」は即完売したが、2019年2月に突如全世界デジタル配信リリース。大手配信サイトのエディターズ・チョイスにレコメンドされる。さらに新作としてCD付きのZINE「SYNAPSE VISUAL NOTE」をライブ会場と一部店舗限定でリリース。そして3月にはテキサスのエレクトロニックレーベル「SVNSET WAVES」のコンピレーションアルバムに参加するなど、海外メディアからも注目され、さらなる展開が期待される。