JAPANESE ENGLISH

Guesthouse, Cafe, Bar, Dining in Kyoto.

Guesthouse and Bar in Kyoto.

展示販売のお知らせ〜HITOHARI〜

こんにちは。
展示のお知らせです。

前回姉妹店のNui.で開催したHITOHARIさんの展示を京都Lenでも開催することになりました。

hitohari170620-01

開催期間は8月4日から8月9日までです。

HITOHARI(一針)さんは札幌で活動しているハンドメイド・クラフトブランド。

 

今回は「デイバック」を中心に販売します。

007

DSC_0249

DSC_0543

DSC_0505

DSC_0457

時間は10時から17時。カフェ利用ももちろんできますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

お待ちしております。

宮嶌

———————————————————-

「HITOHARI 〜HAMP BAG EXHIBITION〜」

■日時:2017年8月4日〜8月9日 10:00〜17:00

■場所:Len

■作家:HITOHARI

———————————————————-

「HITOHARIさんについて」

「もったいないもの」を「もちたい」ものに。「使えないもの」を「使える」ものに。
福田昌彦が2006年に北海道は富良野でスタートさせたハンドメイド・クラフトブランド。
それがHITOHARI(一針)です。

世の中で、見過ごされているカケラたち。それは、たとえばデニムのスソ。
新品であるにも関わらず、
余分だから、という理由で切り離され、捨てられていたものたち。
そのカケラを集めて、作りあげたバッグ。

本来、捨てられるべきものに、新たな命を吹き込み、あなたの生活を彩っていく。
そのためのアイディアを、技術を、一針は大切にしています。

ただ「エコ」ということでもなく、ファッション性だけを追求するでもなく。
あくまで「日常を、あなたとともに過ごす道具」という視点に立ち、
使い心地、機能性には、特にこだわります。

すべてハンドメイドで作り上げられる製品は、素材がバラバラ。
だから、世界にひとつしかない1点ものになる。
さらに、それがあなたの手に渡り、使い込まれていくにつれて、
替わりのきかない存在になっていけば。
そんな想いを一針一針に込めて、日々、製品を生み出しています。

2014年より帆布生地を使用した製品をラインナップに追加。
カラーバリエーション・サイズ・用途の幅を格段に広げました。
より多くの人々の暮らしの中で、より様々なシーンで、使い手に寄り添う作品づくりを目指します。

(HPより)